コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焦尾琴 ショウビキン

2件 の用語解説(焦尾琴の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょうび‐きん〔セウビ‐〕【焦尾琴】

《後漢の蔡邕(さいよう)が桐(きり)を焼く音をきいて良材であることを知り、その桐材で尾部の焦げたままの琴の名器を作ったという「後漢書」蔡邕伝の故事から》琴(きん)の異称。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうびきん【焦尾琴】

〔後漢書 蔡邕伝
後漢の蔡邕さいようが燃やされている桐の音で良材であることを知り、半分焦げたものを譲り受けて作ったという琴。琴の名器。焦琴。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone