南部唐打草(読み)ナンブトウウチソウ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

南部唐打草 (ナンブトウウチソウ)

学名:Sanguisorba obtusa
植物。バラ科の多年草,高山植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なんぶ‐とううちそう ‥タウうちサウ【南部唐打草】

〘名〙 バラ科の多年草。岩手県早池峰山に生える。高さ二〇~六〇センチメートル。葉は奇数羽状複葉小葉楕円形で縁に鋸歯がある。夏、枝先に円柱形の穂状花序をつけ、淡紅紫色の小花をつける。とううちそう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android