南部行信(読み)なんぶ ゆきのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南部行信 なんぶ-ゆきのぶ

1642-1702 江戸時代前期の大名。
寛永19年8月17日生まれ。南部重信の3男。元禄(げんろく)5年陸奥(むつ)盛岡藩主南部家5代となる。藩内の産金が激減したうえ大凶作がかさなり,藩財政は逼迫(ひっぱく)し莫大(ばくだい)な負債を負った。儒学や能に通じ,また砲術の行信流派をつくった。元禄15年10月11日死去。61歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android