南部重信(読み)なんぶ しげのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南部重信 なんぶ-しげのぶ

1616-1702 江戸時代前期の大名。
元和(げんな)2年5月15日生まれ。南部利直(としなお)の5男。七戸(しちのへ)家をつぎ七戸隼人(はやと)と称した。寛文4年兄の重直が跡継ぎをさだめずに死去したため,幕府により陸奥(むつ)盛岡藩は盛岡藩8万石,八戸(はちのへ)藩2万石に分領される。隼人は盛岡藩主南部家4代となり重信と改名。天和(てんな)3年新田の2万石を加増された。元禄(げんろく)15年6月18日死去。87歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android