南鄭(読み)なんてい

世界大百科事典 第2版の解説

なんてい【南鄭 Nán zhèng】

中国,陝西省南西部,漢中地区の県。人口52万(1994)。秦代に漢中郡がおかれ,その主都として南鄭邑が設けられた。漢以後南鄭県となったが,一般に漢中とよばれてきた。漢水の南岸にひらけ,漢中盆地の中央をしめる。また,北の関中,南の四川地域,東の長江(揚子江)流域に通じる交通,経済および軍事の要所にあたるため,秦以降しばしば抗争の舞台となってきた。解放後,県の市街部が独立して南鄭市(現,漢中市)に昇格,残りが現在の南鄭県となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南鄭
なんてい / ナンチョン

中国、陝西(せんせい)省南西部の市、漢中(かんちゅう)の旧称。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android