コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南関東ガス田 みなみかんとうガスでん

世界大百科事典 第2版の解説

みなみかんとうガスでん【南関東ガス田】

日本最大の水溶性天然ガス田。房総半島北部から関東平野南部にかけての面積約4300km2の地域を占め,原始埋蔵量は約5500億m3である。ガス層は,新第三紀鮮新世から第四紀更新世にまたがる海域の上総層群の堆積盆中にある。本層群は薄い(1m以下のものが最も多い)砂,泥互層であり,現在の産ガス地区は東京湾岸では習志野,千葉,市原地区で,太平洋岸では旭から台東岬まで,内陸では成田,成東夷隅,上瀑地区である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

南関東ガス田の関連キーワード新潟ガス田鉱害

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android