南関東ガス田(読み)みなみかんとうガスでん

世界大百科事典 第2版の解説

みなみかんとうガスでん【南関東ガス田】

日本最大の水溶性天然ガス田。房総半島北部から関東平野南部にかけての面積約4300km2の地域を占め,原始埋蔵量は約5500億m3である。ガス層は,新第三紀鮮新世から第四紀更新世にまたがる海域の上総層群の堆積盆中にある。本層群は薄い(1m以下のものが最も多い),泥互層であり,現在の産ガス地区は東京湾岸では習志野,千葉,市原地区で,太平洋岸ではから台東岬まで,内陸では成田成東夷隅,上瀑地区である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android