コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南関東ガス田 みなみかんとうガスでん

1件 の用語解説(南関東ガス田の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みなみかんとうガスでん【南関東ガス田】

日本最大の水溶性天然ガス田。房総半島北部から関東平野南部にかけての面積約4300km2の地域を占め,原始埋蔵量は約5500億m3である。ガス層は,新第三紀鮮新世から第四紀更新世にまたがる海域の上総層群の堆積盆中にある。本層群は薄い(1m以下のものが最も多い)砂,泥互層であり,現在の産ガス地区は東京湾岸では習志野,千葉,市原地区で,太平洋岸では旭から台東岬まで,内陸では成田,成東,夷隅,上瀑地区である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

南関東ガス田の関連キーワードNGL天然ガス房総半島ガス田いすゞ 圧縮天然ガスエンジン房総中国石油天然気集団公司中国石油天然気東シナ海のガス田問題東邦アーステック

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone