コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本間 ホンケン

5件 の用語解説(本間の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほん‐けん【本間】

尺度の一。曲尺(かねじゃく)で、6尺すなわち約1.8メートルの長さ。
和琴(わごん)・屏風(びょうぶ)などの、長さ6尺のもの。

ほん‐ま【本間】

家屋の畳の大きさで、本式とされるもの。地方により異なる。
邦楽で、基本的なリズム。
謡曲で、文句の第1音が第1拍の半拍前からうたいだされるもの。
江戸吉原で、座敷持ちの遊女がふだんいる部屋。
「―へ入ってお休みなんし」〈洒・錦之裏

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんけん【本間】

曲尺かねじやくで、六尺(約1.82メートル)の長さをいう。
屛風・和琴・箏そうなどの長さで正式のもの。屛風・和琴では六尺、箏では六尺五寸のもの。

ほんま【本間】

邦楽で、原則に外れないリズム。
謡曲の基本の間で、毎句の第一音が第一拍の直前からうたい出されるもの。
本式と定められたひと間の長さ。特に、京間きようまのこと。
座敷持ちの上級の女郎の部屋。本部屋。 「急にしやくのおこつた顔で、-へはひつておやすみなんし/洒落本・青楼昼之世界錦之裏」

ほんま【本間】

姓氏の一。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本間の関連情報