夷隅(読み)いすみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夷隅
いすみ

千葉県南東部,いすみ市西部の旧町域。夷隅川の中流域にある。 1954年国吉町と中川村,千町村 (ちまちむら) が合体して成立。 2005年大原町,町と合体して,いすみ市となる。中心地区の国吉は江戸時代には六斎市が立ち,夷隅川流域の商業中心地として栄えた。東流する夷隅川の沿岸には,盆地状の肥沃な沖積低地が開け,米,ムギや野菜の生産が多く,酪農,畜産,果樹栽培も行なわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いすみ

千葉県南東部、房総半島東岸にある市。大原駅で外房線いすみ鉄道が接続する。イセエビ漁が盛ん。平成17年(2005)12月、夷隅(いすみ)町・大原町・岬町が合併して成立。人口4.1万(2010)。

いすみ【夷隅】

千葉県南東部、いすみ市西部を占める地域の名。房総丘陵の東に位置する。夷隅郡大多喜町・御宿町と、いすみ市内の旧夷隅町にあたる地域。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夷隅
いすみ

千葉県南東部、夷隅郡にあった旧町名(夷隅町(まち))。現在はいすみ市の西部を占める地域。房総(ぼうそう)丘陵北東に位置する。1954年(昭和29)国吉(くによし)町、中川村、千町(ちまち)村が合併して夷隅町が成立。2005年(平成17)、夷隅郡大原(おおはら)町、岬(みさき)町と合併して市制施行、いすみ市となる。夷隅は『古事記』の伊自牟(いじむ)国、『日本書紀』『国造本紀(こくぞうほんぎ)』の伊甚(いじむ)国からの転訛(てんか)といわれる。旧町域を東西にいすみ鉄道が通じ、併行して国道465号が走る。中世の守護土岐(とき)氏の築城になる万喜(まんぎ)城は徳川の家臣本多氏に攻められて落城した。1609年(慶長14)国吉原の新田開発が進められたが、その後、本多氏の移封によってこの地は旗本知行地(ちぎょうち)となった。中心集落の国吉は、近世に六斎市(ろくさいいち)の市場町として栄え、現在もその機能を保持している。夷隅川中流の平地では米作に加えて酪農も盛んになってきた。[山村順次]
『森輝著『夷隅風土記』(1977・千葉県文化財保護協会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夷隅の関連情報