コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成東 なるとう

2件 の用語解説(成東の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

成東
なるとう

千葉県東部,山武市南部の旧町域。九十九里平野の中央部に位置する。 1889年町制。 1954年大富村,南郷村の2村と合体。 1955年鳴浜村の一部,緑海村を編入。 2006年山武町,蓮沼村,松尾町と合体して山武市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

成東
なるとう

千葉県中東部、山武(さんぶ)郡にあった旧町名(成東町(まち))。現在は山武(さんむ)市の南東部を占める地域。下総(しもうさ)台地と九十九里平野中央部に位置する。旧成東町は1889年(明治22)町制施行。1954年(昭和29)大富(おおとみ)、南郷(なんごう)の2村、翌年鳴浜(なるはま)村の一部と緑海(りょっかい)村を合併。2006年(平成18)、山武郡山武(さんぶ)町、蓮沼(はすぬま)村、松尾(まつお)町と合併して市制施行、山武市となった。地名は、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征のおり、太平洋の荒波が押し寄せ、鳴濤(なるとう)と名づけたという伝説に由来する。旧町域はJR総武(そうぶ)本線と東金(とうがね)線の分岐点であり、国道126号が通じ、九十九里浜へはバス交通がある。北西の旧山武町地区との境界付近に圏央道が通じ、山武成東インターチェンジがある。中世、千葉氏の統治下にあり、江戸時代は旗本知行地(ちぎょうち)に分割された。九十九里平野には両総(りょうそう)用水が引かれ米作が中心をなし、施設園芸の野菜、イチゴ栽培が増えるとともに、白幡(しらはた)工業団地も造成された。九十九里浜は夏は海水浴や潮干狩りの人でにぎわい、民宿や海の家が開設される。成東城跡公園は県立九十九里自然公園に属し、町民の憩いの場でもある。近くに漁民の信仰を集める浪切(なみきり)不動(長勝寺)があり、本堂は朱塗りの懸崖(けんがい)造である。ほかに国の天然記念物に指定されている成東・東金食虫植物群落、県指定史跡の伊藤左千夫(さちお)生家、江戸時代以後の農漁民俗資料や伊藤左千夫の遺品を展示している山武市歴史民俗資料館がある。[山村順次]
『『成東町史』(1986・成東町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

成東の関連キーワード千葉県山武郡九十九里町粟生千葉県山武郡九十九里町荒生千葉県山武郡九十九里町片貝千葉県山武郡九十九里町千葉県山武郡九十九里町小関千葉県山武郡九十九里町作田千葉県山武郡千葉県山武郡九十九里町宿千葉県山武郡九十九里町西野千葉県山武郡九十九里町不動堂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

成東の関連情報