習志野(読み)ならしの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

習志野
ならしの

千葉県北西部,下総台地の西部を占める地域。船橋,習志野の両市域にまたがる。水利に乏しく,近世には江戸幕府の統轄する小金五牧の一部として野馬の放牧地として利用されていた。 1873年近衛連隊の演習の際の明治天皇の「夏草も茂らざりけりもののふの道おこたらずならしのの原」の御製により命名。一部新田開発地もあるが,長く陸軍演習地であった。第2次世界大戦後は工場の進出が多く,京成・新京成電鉄を核にして住宅地も急速に拡大。軍施設の転用により大学が集中。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ならしの【習志野】

千葉県北西部、東京湾奥に面する市。湾岸は住宅・工業団地が発達。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

習志野の関連情報