単弁・単瓣(読み)たんべん

精選版 日本国語大辞典「単弁・単瓣」の解説

たん‐べん【単弁・単瓣】

〘名〙 花弁がひとえであること。花冠が、種によって一定した数の花弁からなり、花の他の器官が正常に備わっていること。また、そのもの。ひとえ。
随筆・秉燭譚(1729)四「款冬棣棠のこと〈〉又地棠花とも云。単弁を金椀喜水と云」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android