コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひとえ

7件 の用語解説(単の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


ひとえ

単物 (ひとえもの) ともいい,裏地のつかないきもののこと。江戸時代には麻地の物を帷子 (かたびら) といい,絹や木綿地の物を単と呼んだ。夏物の薄生地には,平絽,絽縮緬 (ちりめん) ,紋紗,レース,麻縮,お召などがあり,ほかに訪問着として絵羽染,紋付用の単重 (ひとえがさね) もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たん【単】

単試合」の略。⇔
単勝式」の略。

たん【単〔單〕】[漢字項目]

[音]タン(呉)(漢) [訓]ひとえ
学習漢字]4年
ひとえの着物。「単衣(たんい)
ただ一つ。ひとり。「単一単価・単科・単記単身単数単独単発
それだけで一つと数えられるまとまり。「単位単元単語
複雑でない。「単純単調簡単
書きつけ。紙片。「菜単伝単
[名のり]いち・ただ
[難読]単衣(ひとえ)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

単【ひとえ】

(あわせ)に対して裏のついていない衣服。単帯,単羽織などもあるが,一般には単の長着(きもの)をさす。縮緬(ちりめん),御召(おめし),紬(つむぎ),絽(ろ),紗(しゃ)などで作り,多くは夏物。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひとえ【単】

公家の衣服の一種で,単衣(ひとえぎぬ)の略。公家の服装構成で最も下に着用される衣。裏をつけない単ものであるが,夏冬とも用いられる。垂領(たりくび)で,男子のものは脇を縫いつけない闕腋(けつてき)形式で,(あこめ)と同型であるが,身丈がやや短い。材質は,束帯(そくたい)や衣冠には五位以上の者は紅の繁菱(しげびし)または遠菱の綾,六位以下の者は平絹を用いた。直衣(のうし)や狩衣(かりぎぬ)には禁色(きんじき)以外の好みの色の綾や平絹を用いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たん【単】

「単試合」の略。
「単勝式」の略。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ひとえ

公家(くげ)衣服の一種。単衣(ひとえぎぬ)の略。平安時代以降、素肌または肌着の上に着用した単仕立て・垂領(たりくび)、広袖(ひろそで)形式の衣。男女の別があり、男子の単は袙(あこめ)とほぼ同型で、身丈が短く、脇(わき)を縫い付けない衣。その地質は、束帯(そくたい)や衣冠の場合、五位以上の者に紅(くれない)の繁菱(しげびし)または遠菱(とおびし)の綾(あや)、六位以下の者に平絹を用いるとした。直衣(のうし)や狩衣(かりぎぬ)の場合、禁色(きんじき)以外の好みの色の綾や平絹が用いられた。女子の単は袿(うちき)や袙と同型であるが、裄(ゆき)や身丈がやや長めで、脇を縫い付けてある。その地質は、冬に五位以上の者が綾や平絹、夏に生(き)綾、生平絹のほか羅(ら)(こく)、紗(しゃ)などの薄物(うすもの)を用いた。綾やなどの文様は繁菱、遠菱、幸菱(さいわいびし)など。その色は禁色以外の好みのものや、襲色目(かさねいろめ)によるものとしている。なお、単襲(ひとえがさね)といって、女子が盛夏に、単仕立ての衣を数領かさねて着装する服装も行われた。[高田倭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のの言及

【雲水】より

…雲水の求道心が試され,それが終わると雲水行脚僧の宿泊寮舎である旦過(たんが)寮に入り1週間前後止宿し,その間を暫到と呼ぶ。掛搭式を経た雲水は,単(たん)(修行者の座る座席)が決められ,清規(しんぎ)(規則)に従って僧堂生活がはじまる。1年を雨安居(うあんご)(夏安居)と雪安居(冬安居)の2期に分け,その間月に1回程度接心(せつしん)(摂心。…

※「単」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

単の関連情報