単球増加症(読み)たんきゅうぞうかしょう(英語表記)monocytosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

単球増加症
たんきゅうぞうかしょう
monocytosis

単核細胞増多症。血液中に白血球のうちの単球が異常に増加する状態。単球は骨髄でつくられ,亜急性心内膜炎,痘瘡麻疹 (はしか) ,猩紅熱,マラリア,カラアザールその他の疾患で増加がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android