コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単純ヘルペス眼瞼炎 たんじゅんへるぺすがんけんえんHerpetic Blepharitis

1件 の用語解説(単純ヘルペス眼瞼炎の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

たんじゅんへるぺすがんけんえん【単純ヘルペス眼瞼炎 Herpetic Blepharitis】

[どんな病気か]
 ヘルペスウイルスは人間と密接なかかわりをもっており、代表的なものに、単純ヘルペスウイルスと水痘帯状疱疹(すいとうたいじょうほうしん)ウイルスがあります。
 水痘帯状疱疹ウイルスは、いわゆる水ぼうそうの原因となるウイルスで、多くの人は子どものころに感染します。
 単純ヘルペスウイルスも、学齢期までに90%以上の人が感染するとされています。ただし、その多くは不顕性感染(ふけんせいかんせん)といって、無症状のまま終わってしまうため、感染したことに気がつかないことが多いものです。しかし、なかには症状が表に出てくる場合もあり、このうちの1つが、単純ヘルペス眼瞼炎です。
[症状]
 痛みをともなう発疹(ほっしん)がまぶた(眼瞼)の皮膚にできます。目の充血をおこして結膜炎(けつまくえん)や角膜炎(かくまくえん)を合併することもありますが、角膜炎までおこす例はまれです。
[治療]
 単純ヘルペスウイルスに効果のあるアシクロビルの軟膏(なんこう)を塗ります。
 あまり長引くことなく治癒(ちゆ)するのがふつうですが、ときに多少の瘢痕(はんこん)(きずあと)を残すことがあります。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone