単花被花(読み)タンカヒカ

大辞林 第三版の解説

たんかひか【単花被花】

がくまたは花冠の一方を欠く花。単被花。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たんかひ‐か タンクヮヒクヮ【単花被花】

〘名〙 不完全花の一種で、萼(がく)または花冠を欠くもの。クワ、テッセン、イチリンソウなど。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の単花被花の言及

【離弁花】より

…またオシロイバナやジンチョウゲの花は合弁花のようにみえるが,美しく花冠のようにみえる部分は萼片が合着したものであり,やはり花冠はない。このように花被が1輪しかない花を単花被花monochlamydeous flowerといい,サクラや豆のように花被が萼と花冠のように2輪あるものを重花被花dichlamydeous flowerという。合弁花【福岡 誠行】。…

※「単花被花」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android