(読み)くわ

精選版 日本国語大辞典「桑」の解説

くわ くは【桑】

〘名〙
① クワ科クワ属の落葉高木または低木で、分類学上および養上いくつかの種類や系統に分けられる。幹は直立して高さ一〇メートル以上になるものもあるが、栽培種では毎年枝条を刈るので低木状に見える。葉は柄をもち、卵形または卵状心臓形、先はとがり縁は鋸歯(きょし)状となり、両面に短毛を生じる。葉身が三~五裂することもある。雌雄異株または同株。春、葉腋(ようえき)に長さ約二センチメートルの黄緑色の花穂をたれる。果実はキイチゴの実に似ており、初め赤色でのち紫黒色に熟し甘味があり食べられる。葉は蚕の重要な飼料。樹皮は黄色染料に用いられ、またその繊維から布、ロープ、和紙などを製造し、材は床柱、火鉢、鏡台、三味線の胴などに使われる。北半球の温帯、暖帯に約三五種分布する。栽培種は主として日本各地に野生するヤマグワ、中国山東省原産のロソウ、中国、朝鮮原産のカラヤマグワ(トウグワ)の三種を改良したもの。《季・春》
※書紀(720)神代上(水戸本訓)「此の神の頭(かしら)の上(うへ)に蚕(かひこ)と桑(クワ)と生(な)れり」
② 桑の木材。桑材。堅く、つやがあり、くるいが少ないので、家具、細工物、あるいは床柱、床板などに用いる。
※吾妻鏡‐文治五年(1189)一一月一八日「桑脇息一脚」
③ 桑の葉。蚕の飼料とする。
※為忠集(鎌倉中か)「囀りしあとりの声に時過ぎて桑飼ふ事を打ち忘れけり」
④ 「くわいろ(桑色)」の略。
⑤ 紋所の名。窠(か)の紋のこと。「窠」の字音が「くゎ」であったところから、桑に当てたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「桑」の解説

くわ〔くは〕【桑】

クワ科クワ属の落葉高木の総称。ヤマグワカラクワロソウなどで、品種も多い。葉は卵形で先がとがり、切れ込みのあるものもある。雌雄異株が普通で、4月ごろ、淡黄緑色の小花が集まって咲く。実は複合果で、熟すと紫黒色になり、食べられる。養蚕用に栽培されるのは主にヤマグワ。根皮は薬用にもする。クワ科の双子葉植物は約1400種が熱帯を中心に分布、コウゾイチジクインドゴムノキイヌビワなどが含まれる。 春 実=夏》「千曲川心あてなる―のみち/花蓑」
[類語]山桑

そう【桑】[漢字項目]

常用漢字] [音]ソウ(サウ)(呉)(漢) [訓]くわ
〈ソウ〉
植物の名。クワ。「桑園桑梓そうし桑田
(俗字「桒」の文字分析から)四八。「桑年
〈くわ(ぐわ)〉「桑畑桑原山桑
[補説]「桒」は俗字。
[難読]桑港サンフランシスコ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「桑」の解説

桑 (クワ)

学名Morus bombycis
植物。クワ科の落葉高木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

トビウオ

ダツ目トビウオ科の海水魚。別名アキツトビウオ,ホントビ。体長 35cm。体は長く,背面は平たい。側線は腹面近くを走る。鱗は円鱗ではがれやすい。尾鰭の下葉は上葉に比べて大きい。胸鰭は特に長く,よく発達し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android