コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クワ

3件 の用語解説(桑の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くわ〔くは〕【桑】

クワ科クワ属の落葉高木の総称。ヤマグワカラクワロソウなどで、品種も多い。葉は卵形で先がとがり、切れ込みのあるものもある。雌雄異株が普通で、4月ごろ、淡黄緑色の小花が集まって咲く。実は複合果で、熟すと紫黒色になり、食べられる。養蚕用に栽培されるのは主にヤマグワ。根皮は薬用にもする。クワ科の双子葉植物は約1400種が熱帯を中心に分布、コウゾイチジクインドゴムノキイヌビワなどが含まれる。 春 実=夏》千曲川心あてなる―のみち/花蓑」

そう【桑】[漢字項目]

常用漢字] [音]ソウ(サウ)(呉)(漢) [訓]くわ
〈ソウ〉
植物の名。クワ。「桑園桑梓(そうし)桑田
(俗字「桒」の文字分析から)四八。「桑年
〈くわ(ぐわ)〉「桑畑桑原山桑
[補説]「桒」は俗字。
[難読]桑港(サンフランシスコ)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くわ【桑】

クワ科クワ属の落葉樹の総称。品種や変種が多い。葉は卵形でしばしば三~五裂する。雌雄異株または同株で、春、葉腋に淡黄色の小花を穂状につける。実は赤黒く熟し甘い。山野に自生し、また葉を蚕の飼料とするため栽植する。樹皮は黄色染料や和紙の原料、材は床柱や器具材とし、根皮は桑白皮そうはくひといい、消炎・利尿・緩下薬に用いる。四木しぼくの一。 [季] 春。 《 上州や-一斉に芽立ちける /池内たけし 》 〔「桑の実」は [季]夏。《-の実を口のうつろに落す音/虚子》〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

桑の関連情報