コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クワ

デジタル大辞泉の解説

くわ〔くは〕【桑】

クワ科クワ属の落葉高木の総称。ヤマグワカラクワロソウなどで、品種も多い。葉は卵形で先がとがり、切れ込みのあるものもある。雌雄異株が普通で、4月ごろ、淡黄緑色の小花が集まって咲く。実は複合果で、熟すと紫黒色になり、食べられる。養蚕用に栽培されるのは主にヤマグワ。根皮は薬用にもする。クワ科の双子葉植物は約1400種が熱帯を中心に分布、コウゾイチジクインドゴムノキイヌビワなどが含まれる。 春 実=夏》「千曲川心あてなる―のみち/花蓑」

そう【桑】[漢字項目]

常用漢字] [音]ソウ(サウ)(呉)(漢) [訓]くわ
〈ソウ〉
植物の名。クワ。「桑園桑梓(そうし)桑田
(俗字「桒」の文字分析から)四八。「桑年
〈くわ(ぐわ)〉「桑畑桑原山桑
[補説]「桒」は俗字。
[難読]桑港(サンフランシスコ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くわ【桑】

クワ科クワ属の落葉樹の総称。品種や変種が多い。葉は卵形でしばしば三~五裂する。雌雄異株または同株で、春、葉腋に淡黄色の小花を穂状につける。実は赤黒く熟し甘い。山野に自生し、また葉を蚕の飼料とするため栽植する。樹皮は黄色染料や和紙の原料、材は床柱や器具材とし、根皮は桑白皮そうはくひといい、消炎・利尿・緩下薬に用いる。四木しぼくの一。 [季] 春。 《 上州や-一斉に芽立ちける /池内たけし 》 〔「桑の実」は [季] 夏。《-の実を口のうつろに落す音/虚子》〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

桑 (クワ)

学名:Morus bombycis
植物。クワ科の落葉高木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

桑の関連キーワード長野県長野市松代町豊栄サンフランシスコ高田重右衛門藉田(籍田)ユン・イサン桑沢 洋子桑畑・桑畠桑摘み歌家具用材金子清作つむり光富岡有佐桑摘み唄豆美乃木山内光半化房ざ桑育桑字年条桑育蓬の矢

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桑の関連情報