単記投票制(読み)たんきとうひょうせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「単記投票制」の解説

単記投票制
たんきとうひょうせい

選挙人が候補者を1名しか選ぶことのできない投票制度。1枚の投票用紙に自書あるいは記号により1名の候補者名を記載して投票する方法をとる。連記投票制に相対する。日本の公職の選挙に関する現行の制度はすべてこれに属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の単記投票制の言及

【選挙区】より

…多数代表制は,選挙区において多数の投票を得たものを当選させるものである。この典型的な例は小選挙区単記投票制と大選挙区完全連記制である。多数代表制は当選の要件に絶対多数を要求するものと相対多数を要求するものとがある。…

※「単記投票制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android