単記投票制(読み)たんきとうひょうせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「単記投票制」の解説

単記投票制
たんきとうひょうせい

選挙人が候補者を1名しか選ぶことのできない投票制度。1枚の投票用紙に自書あるいは記号により1名の候補者名を記載して投票する方法をとる。連記投票制に相対する。日本の公職の選挙に関する現行の制度はすべてこれに属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の単記投票制の言及

【選挙区】より

…多数代表制は,選挙区において多数の投票を得たものを当選させるものである。この典型的な例は小選挙区単記投票制と大選挙区完全連記制である。多数代表制は当選の要件に絶対多数を要求するものと相対多数を要求するものとがある。…

※「単記投票制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android