占者身の上知らず(読み)うらないしゃみのうえしらず

  • うらないしゃ
  • 占者
  • 身(み)の上(うえ)知(し)らず

精選版 日本国語大辞典の解説

占い者が他人の身の上を占っても、自分の身の上を判断することのできない意で、占い者をあざけっていう語。さらに、専門のことにおろそかなことをいう。陰陽師(おんようじ)身の上知らず。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉犬物語「売卜者(ウラナヒシャ)身の上を知らずといふが〈略〉自分の身のツイ鼻のさきの事が解らんのは天下に売卜者と小説家だらう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android