コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卯月 ウヅキ

デジタル大辞泉の解説

う‐づき【×卯月】

陰暦4月の異称。卯の花月卯の花の咲く月の意とも、稲の種を植える植月(うつき)の意ともいう。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

卯月

四月。卯の花月から。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

うづき【卯月】

陰暦四月の異名。卯の花月。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

卯月
うづき

陰暦4月の異称。この月になると卯の花が盛りになるので「卯の花月」といったのが、詰まって「卯月」となったとか、「う月」は「植月(うつき)」の意で、イネの種を植える月の意をもつ、というなどの説がある。この月より季節は夏に入り、衣更(ころもがえ)をした。また、この月の8日を「卯月八日」といって、この日には近くの高い山に登り、花を摘んで仏前に供えたりする行事があった。この日はまた釈迦(しゃか)の誕生日でもあり、灌仏会(かんぶつえ)、仏生会(ぶっしょうえ)、花祭などといって、誕生仏を洗浴する儀式が行われ、甘茶などを仏像にかける風がある。参詣(さんけい)者はこの甘茶をもらって飲んだり、これで墨をすって、「千早振る卯月八日は吉日よかみさけ虫をせいばいぞする」と紙に書き、便所や台所に貼(は)って虫除(よ)けとする俗信があった。[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

卯月の関連キーワード卯の花くた(腐)し紙下げ虫・髪下げ虫暑苦し・熱苦し酢でさいて飲む胸に釘を打つ敢え無くなすむさぼりつく家尻を切るお亀与兵衛ほたえ死に祈祷師の娘卯月の紅葉塩を踏む肩が怒る雨夜の星強請取る伸し単衣卯の花曇ひがやす半ら死に

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

卯月の関連情報