コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角書(き) ツノガキ

世界大百科事典 第2版の解説

つのがき【角書】

浄瑠璃や歌舞伎の外題(名題)や書物の題名の上に付された割書をいう。角外題とも。《伝奇作書》に〈角外題とは大外題の肩に書を云 割外題とは大外題の脇に書をいふ〉とあり,〈傾/城〉と割書したものも〈角外題〉と称しているが,しだいに長くなる傾向がみられる。《清水/観音 利生物語》(1678。人形浄瑠璃),《丹前/好色 鎌倉五人女》(1682。歌舞伎)などが早い例。長いものには《四海を呑込軍法に子守謳の凱歌/雌雄をあらそふ軍中に郭公鳥の歌合 比良御陣雪升形(めいしよごじんゆきのますがた)》(1798。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

角書
つのがき

浄瑠璃(じょうるり)、歌舞伎(かぶき)の名題(なだい)(外題(げだい))や書物の題名の上に、その内容や主題を示す文句、あるいは男女の名を、二行に割って書いてあるものをいう。たいていは対句(ついく)になっている。浄瑠璃では1711年(正徳1)の『忠兵衛/梅川 冥途(めいど)の飛脚(ひきゃく)』、1715年の『父は唐土/母は日本 国性爺合戦(こくせんやかっせん)』、歌舞伎では1701年(元禄14)の『浅黄(げき)/黒小袖 兵根元曽我(つわものごんげんそが)』が古い例である。幕末の歌舞伎について記した『伝奇作書』には「角外題とは大外題の肩に書くを云(いい)、割外題とは大外題の脇(わき)に書くをいふ」とある。ほかに『東海/道中 膝栗毛(ひざくりげ)』『牛店/雑談 安愚楽鍋(あぐらなべ)』など。[山本二郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の角書(き)の言及

【名題】より

…17世紀後半,縁起を重んじて字数を奇数に整える習慣を生じ,七五三の文字数が好んで用いられたが,その結果,無理な造字が行われることもあった。名題の上に添えて内容を示唆する短い対句を〈角書〉,また,看板や番付で,名題の上に,作品の概要を美文調で記したものを〈語り〉と呼ぶ。名題には,作品の趣旨を表す〈大(おお)名題〉,各幕に付ける〈小(こ)名題〉,劇中,出語りで演奏される浄瑠璃などのための〈浄瑠璃名題〉,所作事のための〈所作名題〉,二番目狂言に付ける〈二番目名題〉の別がある。…

※「角書(き)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

角書(き)の関連キーワード紙子仕立両面鑑ひらかな盛衰記花上野誉の石碑彦山権現誓助剣妹背山婦女庭訓染模様妹背門松雷太郎強悪物語碁太平記白石噺近頃河原達引尾上/伊太八当世書生気質壺坂霊験記本朝廿四孝玉藻前曦袂客者評判記義経千本桜国書総目録傾城禁短気釜淵双級巴璣訓蒙鑑草

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android