印象化石(読み)いんしょうかせき(英語表記)impression fossil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

印象化石
いんしょうかせき
impression fossil

化石のうち遺体の実体やその2次的な置換物が保存されないで,外形の印象だけが残ったもの。足跡やはった跡も印象化石に入れる場合がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いんしょう‐かせき〔インシヤウクワセキ〕【印象化石】

動植物の輪郭のみが化石となったもの。生体堆積物などに強く押しつけられ、外形が写し取られてできる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の印象化石の言及

【化石】より

…古生物の体部を構成する物質がこのように置換されることもなく,完全に消失してしまって,その型のみが岩石・鉱物中に残されることがある。この残された痕跡を印象化石という。古生物の体部の外表面の型は外形雌型(めがた),内表面のものは内形雌型である。…

※「印象化石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android