コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

危害情報システム きがいじょうほうシステム

2件 の用語解説(危害情報システムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

危害情報システム
きがいじょうほうシステム

商品やサービスによる人身事故を未然に防ぐためにつくられた情報収集・処理システム国民生活センターの「危害情報システム」は 1975年に発足し,全国各地の消費生活センターから商品関連人身事故の情報を収集,1978年からは協力病院から事故情報を収集し,事故の再発,未然防止に努めている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

危害情報システム

商品やサービスによる被害を未然に防ぐため、国や国民生活センターが中心となって危害情報を収集している。主なものとして、高齢者見守りネット、家庭用品に係る健康被害病院モニター制度、医薬品等安全性情報報告制度などが挙げられる。

(篠崎悦子 ホームエコノミスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

危害情報システムの関連キーワードブランド化サービス人身事故標章ポイントサービス未然失敗学カスタマイゼーショントレード・ショーローン販売山沈

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

危害情報システムの関連情報