コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

危険準備金 キケンジュンビキン

デジタル大辞泉の解説

きけん‐じゅんびきん【危険準備金】

保険会社保険金を確実に支払うため、保険業法の規定により積み立てが義務付けられている責任準備金の一つ。保険事故の発生率等が予測を超え、多額の保険金支払いが必要となるリスクや、保険金の運用利回り予定利率を下回るリスクなど、将来発生が見込まれる危険に備えるもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone