コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原価配分 げんかはいぶんcost allocation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原価配分
げんかはいぶん
cost allocation

原材料や設備などは必ずしもその決算期間中に消費してしまうとは限らないため,期中に使った分をはかるために,その決算期と将来に割りふること。原材料など商品原価は,その期間内に売れた商品に相当する部分を売上原価とし,残りは期末在庫とする。材料の仕入れ時期によって原価が異なる場合,先に仕入れた分から売れたと仮定して計算する先入先出法と,新しいものから売れるとみる後入先出法,期間中の平均仕入値を基準とする平均原価法がある。設備の原価を会計上の複数の期間に割りふるのが減価償却で,次第に価値を目減りさせていく計算法には定額法定率法などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

原価配分の関連キーワードアモーチゼーション費用配分の法則電気料金制度減耗資産

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android