コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定率法 ていりつほう

5件 の用語解説(定率法の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

定率法

未償却残高に対して、毎期一定率の償却額を計上していく減価償却方法の1つ。(取得価格-減価償却費の累計)×償却率で算出する。設備等の導入当初は償却額が大きいが、年々償却額が小さくなっていくので、収益力が低下する後年の負担を小さくできるのがメリット。税法上、有形固定資産は定額法か定率法のどちらかを選べるが、一般には定率法が使われるケースが多い。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ていりつ‐ほう〔‐ハフ〕【定率法】

減価償却方法の一。固定資産の耐用期間を通して、毎期の期首未償却残高に一定率を乗じて減価償却費を計上する方法。逓減残高法。→定額法

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

人材マネジメント用語集の解説

定率法

・定率法
・fixed rate method
・減価償却の計算方法の1つで、固定資産の価値が毎年定率で下がると考える。
・未償却算残高に、償却率を用いて減価償却費を計上していく
・一年当りの減価償却費=未償却残高×償却率
・定率法は、使用年数に比例して効率、価値が逓減する資産に適している。初期に多額の費用を計上するので早期の節税が可能となり資金繰りに貢献するというメリットがある。逆に耐用年数期間の後半の減価償却の目減りすることがデメリットである。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
人材マネジメント用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

ていりつほう【定率法】

減価償却方法の一。固定資産の未償却残高に毎期一定率を掛けて計算した額を償却する方法。定率償却。逓減残高法。 → 定額法

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

定率法
ていりつほう
declining balance method

固定資産の減価償却方法の一つ。固定資産の期首の帳簿価額 (未償却残高) に一定の償却率を乗じて毎期の減価償却費を算出する方法。償却率 (r) は次式によって求められる。 ( C は取得原価,S は残存価額,n は耐用年数) S が0であれば r は1となるから,残存価額が0のときには定率法を適用できない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の定率法の言及

【減価償却】より

…もちろんその結果,費用化分は収益から回収され,固定資産の取替資金として役立つし(取替資金計算目的),また費用化された減価償却の累計額を考慮することによりその時点の固定資産の財産的価値を把握するのにも役立つ(財産計算目的)が,いずれにも限界があり,本質的目的とはされえない。
[減価償却法]
 減価償却の計算方法には種々のものがあるが,一般的方法としては定額法,定率法,産高比例法があげられる。(1)定額法とは,毎事業年度の償却額が一定額となるような計算方法で直線法とも呼ばれ,つぎの算式で計算される。…

※「定率法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

定率法の関連情報