原像(読み)ゲンゾウ

デジタル大辞泉 「原像」の意味・読み・例文・類語

げん‐ぞう〔‐ザウ〕【原像】

数学で、写像されるもとの像のこと。写像fxyxをいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「原像」の意味・読み・例文・類語

げん‐ぞう‥ザウ【原像】

  1. 〘 名詞 〙
  2. もとになる像。ものごとの根本となる姿やありさま。
    1. [初出の実例]「何か永遠の原像のように」(出典:円形劇場から(1970)〈辻邦生〉)
  3. 数学で、写像によって、集合Bにうつされるものの全体から成る集合のBに対する称。Bがただ一つの要素bから成るときは、bの原像ともいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

世界大百科事典(旧版)内の原像の言及

【写像】より

AからBへの写像は,f,φなどの記号を用い,fABなどと表される。
[写像の値,像,原像]
 写像fABにより,Aの元aに,Bの元bが定まっているとき,aにおけるfの値はbであるとか,fabに写すとかいい,f(a)=b,あるいは単にabで表す。このとき,bfによるaの像という。…

※「原像」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android