原叟床(読み)げんそうどこ

精選版 日本国語大辞典「原叟床」の解説

げんそう‐どこ【原叟床】

〘名〙 茶室様式一種床面積を突き出してとらず、畳一枚分を板張りにして、床柱を立てたもの。脇壁下方を吹き抜き、床と道具を置き据(す)える場所が続く。床内は鏡天井。表千家六世宗左(号、原叟)の好み

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android