コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原始乱婚 げんしらんこんprimitive promiscuity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原始乱婚
げんしらんこん
primitive promiscuity

確固とした婚姻制度がなく,基本的に自由に性的交渉をもつことができたとされる状態。 L.H.モーガンや J.J.バハオーフェンは,乱婚状態から次第に婚姻制度が確立していくという進化過程を想定した。しかし,乱婚制は現在存在せず,かつて存在したという歴史的証拠も見つかっていない。また,C.レビ=ストロースは,社会は近親婚の禁止 (→インセストタブー ) によって成立する,つまり婚姻関係が人間社会の成立基盤になっていると主張した。こうしたことから,今日では原始乱婚の存在は疑問視されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

原始乱婚の関連キーワードウェスターマークインセストプナルア婚家族社会学進化主義父権制母権制略奪婚家族

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android