原始乱婚(読み)げんしらんこん(英語表記)primitive promiscuity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原始乱婚
げんしらんこん
primitive promiscuity

確固とした婚姻制度がなく,基本的に自由に性的交渉をもつことができたとされる状態。 L.H.モーガンや J.J.バハオーフェンは,乱婚状態から次第に婚姻制度が確立していくという進化過程を想定した。しかし,乱婚制は現在存在せず,かつて存在したという歴史的証拠も見つかっていない。また,C.レビ=ストロースは,社会は近親婚の禁止 (→インセストタブー ) によって成立する,つまり婚姻関係が人間社会の成立基盤になっていると主張した。こうしたことから,今日では原始乱婚の存在は疑問視されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android