原子力発電所立地特別措置法(読み)げんしりょくはつでんしょりっちとくべつそちほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正式名称は「原子力発電施設等立地地域の振興に関する特別措置法」 (平成 12年法律 148号) 。原子力発電所従来,電源開発立法に基づく交付金と引き換えに過疎地に立地してきたが,近年ますます立地が困難になってきたため,新たな利益誘導策として成立した。内閣総理大臣指定を受けて都道府県知事が振興計画を立案する。振興計画に基づく事業には各種優遇措置が与えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android