コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子力開発利用長期計画 げんしりょくかいはつりようちょうきけいかく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原子力開発利用長期計画
げんしりょくかいはつりようちょうきけいかく

原子力委員会が 21世紀を展望して,おおむね 2030年までの展開を念頭に置きつつ,1994年6月に策定した 2010年頃までの長期計画。 21世紀半ばには地球人口 100億人の時代が到来するとの認識を基に,2000年には 4560万 kW (発電電力量の 33%) の原子力発電を 2010年には約 7050万 kW程度 (約 42%) ,2030年には1億 kW (約 60%) と見込んでいる。原子力委員会が原子力開発利用に関する長期的,基本的,総合的な施策の基本方針を言明したもので,1987年の計画の改定。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原子力開発利用長期計画の関連情報