コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子核の結合エネルギー げんしかくのけつごうエネルギーbinding energy of nucleus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原子核の結合エネルギー
げんしかくのけつごうエネルギー
binding energy of nucleus

原子核を構成する陽子および中性子を完全に個々に分離するのに必要なエネルギー。結合エネルギー W0 は一般に質量数 A とともに増大する。質量数あたりの結合エネルギー W0/AA とともに急に増加し,A =56~60で最大値 8.8MeVに達するが,その後 A が約 150までは徐々に減少し,約 8.5MeVとなる。その後の減り方はやや大きく,ウラン 238で約 7.6MeVである。結合エネルギーは,質量欠損 ×c2 (c は真空中の光速度) に等しい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

原子核の結合エネルギーの関連キーワードワイツゼッカー(Carl Friedrich von Weizsäcker)液滴模型重陽子原子核魔法数質量

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android