原安適(読み)はら あんてき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原安適 はら-あんてき

?-? 江戸時代前期-中期の医師,歌人。
初代山本春正(しゅんしょう),清水宗川(そうせん)にまなび,歌は「正木乃可津良(まさきのかずら)」などにある。松尾芭蕉(ばしょう)らとも親交があった。晩年は阿波(あわ)徳島藩主蜂須賀綱矩(つなのり)につかえたという。享保(きょうほう)(1716-36)の初めごろに73歳で死去したらしい。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android