清水宗川(読み)しみず そうせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水宗川 しみず-そうせん

1614-1697 江戸時代前期の歌人。
慶長19年生まれ。飛鳥井雅章(あすかい-まさあき),松永貞徳(ていとく)にまなぶ。常陸(ひたち)水戸藩につかえ,山本春正(しゅんしょう)とともに「万葉集」などの古典研究にあたり,歌集「正木乃可津良(まさきのかづら)」を編集した。元禄(げんろく)10年10月20日死去。84歳。京都出身。名は良世。通称は六兵衛。別号に主一堂,半梅軒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android