原武史(読み)はら たけし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原武史 はら-たけし

1962- 平成時代の政治思想学者,エッセイスト。
昭和37年8月29日生まれ。国立国会図書館,日本経済新聞社に勤務後,東大大学院に学ぶ。放送大講師,山梨学院大助教授,明治学院大助教授,国際日本文化研究センター助教授などをへて,平成16年明治学院大教授。平成10年「「民都」大阪対「帝都」東京」でサントリー学芸賞。13年「大正天皇」で毎日出版文化賞。20年「滝山コミューン一九七四」で講談社ノンフィクション賞。21年「昭和天皇」で司馬遼太郎賞エッセイに「鉄道ひとつばなし」。東京都出身。早大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原武史の関連情報