国立国会図書館(読み)こくりつこっかいとしょかん

日本大百科全書(ニッポニカ)「国立国会図書館」の解説

国立国会図書館
こくりつこっかいとしょかん

1948年(昭和23)「国立国会図書館法」の制定に伴い設置された図書館。英語名はNational Diet Library。翌1949年、東京の上野にあった、上野図書館帝国図書館)を支部図書館として合併、1961年国会議事堂わきに本館(東京都千代田区永田町)を完成し、それまで仮住まいしていた旧赤坂離宮迎賓館)から移った。1986年本館に隣接して新館を建設。増え続ける蔵書に備え、電子図書館などの新たな機能を担う国立国会図書館関西館を関西文化学術研究都市に建設し、2002年(平成14)10月に開館した。また、支部上野図書館を改修、日本初の国立の児童書専門図書館として国際子ども図書館を2000年に開館した(全面開館は2002年)。

 初代館長は憲法学者の金森徳次郎(1886―1959)、副館長は哲学者の中井正一(まさかず)(1900―1952)であったが、その後2000年代まで衆参両院の事務総長が館長に選ばれていた。

[藤野幸雄・野口武悟 2021年1月21日]

沿革

国立図書館設立の要望は明治時代からあったが、上野の帝国図書館がその機能を一部果たし、また議会両院には、貴族院・衆議院時代から議員のための小コレクションがあった。第二次世界大戦後、国立図書館を新しく整備する動きがおこり、アメリカから使節団がよばれた。アメリカ議会図書館とアメリカ図書館協会から派遣されたこの使節団は、アメリカ議会図書館の例に倣い、次のことを勧告した。すなわち、国会のための図書館であると同時に、国内図書の網羅的収集とその責任ある書誌記述を行い、広く国民の利用に供すること、館長は国務大臣級の人物をあてることなどであった。これに基づき国立国会図書館法が制定された。

[藤野幸雄・野口武悟 2021年1月21日]

機能と活動

国内の出版物は、国立国会図書館法により、すべて国立国会図書館への納本が義務づけられ、これによって網羅的な資料収集の基盤ができあがった。同館はこれをもとに全出版物の正確な書誌情報を「全国書誌データ」として同館のウェブサイトで提供している。

 国立国会図書館は、東京本館、関西館、国際子ども図書館および行政司法各部門の支部図書館(27館)で構成されている。東京本館には、国会審議に資する調査及び立法考査局があり、法律、政治、経済その他の分野で調査員を置いている。また、資料の収集、整理、サービス部門などがある。国会に対するサービスとともに、国民のための図書館として、館内閲覧、参考調査(レファレンス)質問への回答を行い、国内の公共図書館、大学図書館、学校図書館、専門図書館への貸出しその他のサービスを行っている。国際図書館連盟International Federation of Library Associations and Institutions(IFLA(イフラ))に正会員として加入し、国際的な活動も推進している。

[藤野幸雄・野口武悟 2021年1月21日]

『国立国会図書館編・刊『国立国会図書館三十年史』(1979)』『国立国会図書館百科編集委員会編、国立国会図書館監修『国立国会図書館百科』(1988・出版ニュース社)』『国立国会図書館編著『国立国会図書館のしごと――集める・のこす・創り出す』(1997・日外アソシエーツ)』『NDL入門編集委員会編『国立国会図書館入門』(1998・三一新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

図書館情報学用語辞典 第5版「国立国会図書館」の解説

国立国会図書館

1948(昭和23)年「国立国会図書館法」に基づき,国会活動を補佐するとともに,資料・情報を収集・保存し国民に提供する機関として設立された.1872(明治5)年に設立された書籍館を前身とする帝国図書館と,1890(明治23)年に開設された帝国議会の貴族院・衆議院の図書館とを源流とする.納本制度により国内出版物を網羅的に収集するとともに,『日本全国書誌』(1955-2007 創刊時は『納本週報』,ホームページ版2002-2011)やJAPAN/MARCを作成・提供している.東京本館,関西館,国際子ども図書館の三つの施設があり,国会議員・国会関係者に対するサービス窓口として国会分館がある.所蔵図書約1,135万冊をはじめ総資料点数は4,418万点に上り,職員数は888名となっている(2018年度).なお,各省庁や最高裁判所が置く支部図書館は法制上,国立国会図書館の支部とされるほか,1948(昭和23)年に置かれた支部東洋文庫は2009(平成21)年に廃止された.「国立国会図書館東日本大震災アーカイブ」など電子図書館事業や,国際協力活動にも力が注がれている.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「国立国会図書館」の解説

国立国会図書館
こくりつこっかいとしょかん
National Diet Library

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する資料提供のほか,専門調査機関としての機能も備えており,各行政官庁に支部図書館を置いている。かつては東洋文庫,大倉山精神科学図書館も支部図書館であった。2000年に台東区の支部上野図書館を改修して日本初の国立児童書専門図書館である国際子ども図書館を開設。2002年関西文化学術研究都市内の京都府精華町に国立国会図書館関西館が開館した。国内で刊行されるすべての出版物を集める納本制度を柱として,収集された資料を国民の文化的財産として長く保存するとともに,目録の全国書誌を作成。収集資料をもとに国会,政府各省庁,最高裁判所,一般利用者,図書館などに対して閲覧,複写,レファレンスなどのサービスを行なう。2015年3月末時点での蔵書数は,図書 1053万4602,新聞・雑誌 1650万1384,録音資料 70万5118,地図 55万7900など,総計 4107万4863。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵mini「国立国会図書館」の解説

国立国会図書館

日本で唯一の国立図書館。国会議員からの依頼を受けて国政や立法に関する調査を行うほか、国内で発行された全ての出版物を収集・保存し、国民の閲覧要請にも応じている。中央の図書館として東京本館と関西館、支部図書館として国際子ども図書館がある。東京本館は、1948年、旧赤坂離宮内を仮庁舎として開館し、61年に国会議事堂の北隣の現在地(東京都千代田区永田町)に移転。2000年に国際子ども図書館、02年に関西館が設立された。2011年3月末時点で図書や雑誌、新聞などの所蔵数(中央・支部総計)は3750万点に及ぶ。02年以降はウェブサイトを通じた電子図書館機能の拡充にも力を入れており、13年2月から国立国会図書館所蔵のデジタル化資料を電子書籍化して民間企業が無料配信する実験を開始している。また、同年7月からは電子書籍も同館への納本対象となり、10月より閲覧が開始される予定となっている。

(2013-1-31)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

百科事典マイペディア「国立国会図書館」の解説

国立国会図書館【こくりつこっかいとしょかん】

〈国立国会図書館法〉(1948年)により創設。国会に所属,図書,図書館資料を収集,国会議員の職務遂行に資するとともに,国民一般にも公開される国立図書館。国の中央図書館として,納本図書館の機能が与えられている。1949年旧帝国図書館(上野図書館)を合併。国会議事堂に隣接して庁舎を設け,蔵書数は約720万冊(1996)に達する。なお,国立国会図書館関西館(2002年開館)が京都府精華町に設立され,上野図書館は2000年に児童書専門の国際子ども図書館として改修開館された。
→関連項目阿刀田高東洋文庫図書館内閣文庫

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「国立国会図書館」の解説

こくりつ‐こっかいとしょかん ‥コククヮイトショクヮン【国立国会図書館】

東京都千代田区永田町にある国立の図書館。昭和二三年(一九四八)国立国会図書館法により旧赤坂離宮(現在の迎賓館)内に設置され、同三六年に現在地に移転。国会に付属し、図書および図書館資料を収集して国会、行政および司法の各機関や日本国民に対して図書館奉仕を行なうことを目的とする。国内で刊行される図書はすべてここに収められる。東京本館のほかに、京都府相楽郡精華町に関西館が、東京都台東区上野公園に国際子ども図書館がある。国会図書館。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「国立国会図書館」の解説

こくりつ‐こっかいとしょかん〔‐コククワイトシヨクワン〕【国立国会図書館】

昭和23年(1948)国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。国会に付属し、図書その他の資料を収集して国会議員の職務の遂行に役立たせるとともに、行政司法の各部門および一般国民に対して図書館奉仕を行うことを目的とする。国内で刊行される図書はすべて収められる。本館は東京都千代田区にある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「国立国会図書館」の解説

こくりつこっかいとしょかん【国立国会図書館】

東京都千代田区永田町にある日本唯一の国立図書館。1948年の〈国立国会図書館法〉にもとづき,旧赤坂離宮内を仮庁舎として発足した。49年上野図書館を合併し,61年国会議事堂わきの現在地に移転。68年に地下2階,地上6階,本館延べ面積約7万4000m2の建物が完成した。さらに86年には,地上4階,地下8階,延べ面積7万3000m2の別館が完成し,本館と合わせた資料の収蔵能力は1200万冊となる。1996年現在,蔵書約720万冊,職員約823名をもつ日本最大規模の総合的図書館である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の国立国会図書館の言及

【アメリカ議会図書館】より

…首都ワシントンにある。日本の〈国立国会図書館〉は戦後占領時代の1948年,アメリカ文化使節団の勧告により,このアメリカ議会図書館をモデルとしてつくられた。仕事の内容は,基本的には他の図書館と同じであり,文献の収集,分類整理,閲覧,調査,レファレンス回答等々であるが,大きな特色として,連邦議会の上・下両院議員に対する調査サービス機能が充実していること,および,連邦法により,すべての出版物は1部納本することによって著作権が発生し登録されるしくみになっており,したがって国内の文献はほぼ自動的に集まってくることがあげられる。…

【図書館】より

…74年これは浅草に移され浅草文庫として,閲覧料1日1銭で開館した後,80年に東京図書館と改称され,85年上野公園内に落ちついた(上野図書館)。96年帝国議会は,帝国図書館設立案を通過させ,翌年東京図書館を改組して帝国図書館設立の運びとなったが,ついに完成をみないまま1949年国立国会図書館へ吸収され,現在は同館上野支部として旧態をとどめている。 他方,西欧の会員制図書館をモデルにしたような書籍会社こと〈リフラリーlibrary〉,すなわち集書会社設立計画がお目見えする。…

※「国立国会図書館」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android