コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原武太夫 はら ぶだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原武太夫 はら-ぶだゆう

1697-1776 江戸時代中期の三味線奏者,随筆家。
元禄(げんろく)10年生まれ。もと幕臣。遊芸に通じ,三味線名手として知られた。元文元年(1736)演奏をたち,「断絃余論」をあらわし,狂歌をたのしんだ。安永5年7月9日死去。80歳。一説に寛政4年(1792)2月22日死去で96歳ともいう。名は盛和。前名は富五郎。俳名は原富。号は観流斎。著作に「隣の疝気」「奈良柴」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の原武太夫の言及

【断絃余論】より

…三味線芸談。原武太夫著。1765年(明和2)ごろ成稿か。…

※「原武太夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

原武太夫の関連キーワード羽山八郎右衛門山崎源左衛門知原新六浅間物浅間嶽高尾元禄

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android