コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断絃余論 だんげんよろん

1件 の用語解説(断絃余論の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

だんげんよろん【断絃余論】

三味線芸談。原武太夫著。1765年(明和2)ごろ成稿か。写本1巻。幕府の御留守居与力でありながら,三味線の名手として聞こえた武太夫が,1736年(元文1)秋,自分の芸に見切りをつけて三味線を捨てたのち,三味線に関する心得を問答形式で記したもの。調子の定め方,本手の手事の習練や浄瑠璃の弾き方の鍛練の重要性,掛声のあり方などについて,芸の本質を詳しく述べている。【今尾 哲也】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

断絃余論の関連キーワード相三味線義太夫三味線口三味線三味線糸脇三味線連三味線佐々木古流知原新六原武太夫山崎源左衛門

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone