断絃余論(読み)だんげんよろん

世界大百科事典 第2版「断絃余論」の解説

だんげんよろん【断絃余論】

三味線芸談。原武太夫著。1765年(明和2)ごろ成稿か。写本1巻。幕府の御留守居与力でありながら,三味線の名手として聞こえた武太夫が,1736年(元文1)秋,自分の芸に見切りをつけて三味線を捨てたのち,三味線に関する心得を問答形式で記したもの。調子の定め方,本手の手事の習練浄瑠璃の弾き方の鍛練の重要性,掛声のあり方などについて,芸の本質を詳しく述べている。【今 哲也】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android