コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原質思念 げんしつしねんElementargedanken

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原質思念
げんしつしねん
Elementargedanken

ドイツの民族学者 A.バスティアンが『歴史における人間』 (1860) その他の著述で強調した仮説。人間的心性は根本的な同質性をもち (原質思念) ,民族ごとの文化の相違はその「原質思念」が地理的条件の差異に対して反応して現れた「民族思念」によると考えた。バスティアンは,特に原始的状態で「原質思念」が根本的に働くとし,文化伝播の考えに批判的であった。この考え方は,当時の進化論的時代にあってきわめて独創的であった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android