コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厳智 ごんち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

厳智 ごんち

?-? 奈良時代の僧。
はじめ法相(ほっそう),三論をおさめる。のち審祥(しんじょう)に華厳(けごん)をまなび,奈良元興(がんごう)寺にはいる。天平(てんぴょう)12年(740)金鐘(こんしょう)寺(のちの東大寺法華堂)の良弁(ろうべん)から華厳経講説を依頼されるが,辞退して師の審祥を推挙。第2回目の講説で60巻の華厳経を講じた。法名は「げんち」ともよむ。

厳智 げんち

ごんち

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

厳智の関連キーワード潙山霊祐奈良時代審詳

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android