審祥(読み)しんじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

審祥 しんじょう

?-? 奈良時代の僧。
華厳(けごん)宗。唐(とう)(中国)で法蔵に華厳をまなび,帰国後,奈良大安寺に住す。良弁(ろうべん)の要請で天平(てんぴょう)12年(740)から3年間,金鐘寺(のちの東大寺)でわが国初華厳経講話をおこなった。新羅学生(しんらがくしょう)とよばれ,新羅(しらぎ)(朝鮮)への留学僧とも新羅人ともいわれる。法名は審詳ともかく。著作に「華厳起信観行法門」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

審祥

生年:生没年不詳
奈良時代の僧。審詳ともいう。入唐し法蔵について華厳を学ぶ。天平年間(729~749)に帰国して大安寺に住した。良弁に招請されて天平12(740)年から3年,奈良の金鐘寺(のちの東大寺)で『六十華厳経』を講じた。本朝華厳宗第一祖とされる。その蔵する経典は東大寺写経所で多く書写された。著書に『花厳起信観行法門』1巻などがある。没年については天平14年とする説もあるが,正倉院文書に同16年の経典貸し出しに名がみえ,そのころまでは生存していた。なお,「新羅学生」の呼称があり,新羅人とする説と新羅への留学僧であったとする説がある。

(若井敏明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しんじょう【審祥】

新羅しらぎ出身の僧。日本華厳宗の初祖。唐に入って法蔵に教えを受け、天平年間(729~749)に来日。聖武天皇の命で初めて華厳経を講義した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の審祥の言及

【審詳】より

…生没年不詳。審祥とも書く。《一乗開心論》などの華厳宗の古伝記は〈青丘留学生〉とし,新羅国に留学して華厳教学を学び,帰国後は平城右京の大安寺に止住していた。…

※「審祥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android