コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

審祥 しんじょう

3件 の用語解説(審祥の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

審祥 しんじょう

?-? 奈良時代の僧。
華厳(けごん)宗。唐(とう)(中国)で法蔵に華厳をまなび,帰国後,奈良大安寺に住す。良弁(ろうべん)の要請で天平(てんぴょう)12年(740)から3年間,金鐘寺(のちの東大寺)でわが国初の華厳経講話をおこなった。新羅学生(しんらがくしょう)とよばれ,新羅(しらぎ)(朝鮮)への留学僧とも新羅人ともいわれる。法名は審詳ともかく。著作に「華厳起信観行法門」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

審祥

生年:生没年不詳
奈良時代の僧。審詳ともいう。入唐し法蔵について華厳を学ぶ。天平年間(729~749)に帰国して大安寺に住した。良弁に招請されて天平12(740)年から3年,奈良の金鐘寺(のちの東大寺)で『六十華厳経』を講じた。本朝華厳宗第一祖とされる。その蔵する経典は東大寺写経所で多く書写された。著書に『花厳起信観行法門』1巻などがある。没年については天平14年とする説もあるが,正倉院文書に同16年の経典貸し出しに名がみえ,そのころまでは生存していた。なお,「新羅学生」の呼称があり,新羅人とする説と新羅への留学僧であったとする説がある。

(若井敏明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しんじょう【審祥】

新羅しらぎ出身の僧。日本華厳宗の初祖。唐に入って法蔵に教えを受け、天平年間(729~749)に来日。聖武天皇の命で初めて華厳経を講義した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の審祥の言及

【審詳】より

…生没年不詳。審祥とも書く。《一乗開心論》などの華厳宗の古伝記は〈青丘留学生〉とし,新羅国に留学して華厳教学を学び,帰国後は平城右京の大安寺に止住していた。…

※「審祥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

審祥の関連キーワード阿倍仲麻呂度羅楽入唐頼光恵隣修栄智達智鸞羽栗翔弁正

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone