コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

去り嫌い サリキライ

デジタル大辞泉の解説

さり‐きらい〔‐きらひ〕【去り嫌い】

連歌・俳諧のきまりの一。変化を求めるために、同季・同字・類似語・縁語などを続けたり、近くに詠みこんだりしないこと。→差し合い
好き嫌い。えりごのみ。
「―がある食物をお気をつけられい」〈滑・浮世風呂・前〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さりきらい【去り嫌い】

連歌・俳諧で、一巻の中に類似の言葉や事物を近接して用いること(差し合い)のないように定めた規定のこと。例えば、「草」と「木」を三句以上隔てるなど。 → 差し合い
すききらい。えり好み。 「 -がある食物をお気をつけられい/滑稽本・浮世風呂

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

去り嫌いの関連キーワード差し合い・指し合い・差合い・指合い遠輪廻字去り嫌い差合御傘千句

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android