縁語(読み)えんご

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

縁語
えんご

和歌をはじめとして,主として韻文に用いられた修辞技法の一つ。たとえば「鈴鹿山うき世をよそにふり捨てていかになり行く我が身なるらむ」の和歌で,「ふり」「なり」が「鈴」の縁語となるように,中心の思想とは別に,一首のなかで,ある語と意味上縁のある語を用いて,それを相互に照応させ機知を示すなど,表現効果を増そうとする技法。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えん‐ご【縁語】

修辞法の一。和歌や文章の中で、ある言葉と意味内容上で関連のある言葉。主に連想により導き出され、相互の照応により表現効果を増す。例えば、「糸による物ならなくに別れ路の心ぼそくも思ほゆるかな」〈古今羇旅〉では、「よる」「ほそく」は「糸」の縁語。古今集以降の歌に多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

縁語【えんご】

和歌などの修辞法の一種で,意味上,もしくは発音上,互いに密接な関係にある語を用いて,表現におもしろみをつけること。また,その言葉。〈よせ〉〈かえあひ〉とも言う。例えば,〈唐衣きつつなれにしつましあればはるばるきぬる旅をしぞおもふ〉では,慣れ(馴れ),妻(褄),はるばる(張る),来ぬる(着ぬる)が,それぞれ〈衣〉の縁語である。とくに《古今和歌集》以降,懸詞などと併用されて発達を遂げた。
→関連項目レトリック

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えんご【縁語】

和歌・文章で一つの語と意味上で何らかの関係がある語として,意識的に他の個所で用いられた語。〈縁〉とはゆかり,すなわち何らかの関係の意で,縁語は〈よせ〉〈かけあひ〉ともいう。たとえば〈わがせこが衣のすそを吹き返しうらめづらしき秋の初風〉(《古今集》)の和歌で,4句目の〈うら〉が2句目の〈衣〉に縁のある語すなわち縁語である。縁語は《古今集》のころから急に発達した修辞法で,《源氏物語》でも〈光源氏(ひかるげんじ)名のみことごとしう,言ひ消(け)たれ給ふとが多かなるに〉(〈消たれ〉が〈光〉の縁語)のようにしばしば用いられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えんご【縁語】

修辞法の一。和歌や散文の中などで、一つの言葉に意味上縁のある言葉を使って表現に面白みを出すこと。また、その縁のある一組の言葉。例えば、「青柳の糸よりかくる春しもぞ乱れて花のほころびにける/古今 春上」では、「より(縒り)」「乱れ」「ほころび」がともに「糸」の縁語となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

縁語
えんご

和歌の修辞法の一つ。一首の歌を、そのテーマに直接関係ないところで、なるべくある一連の語を用いて構成しようとする技法、あるいはその語。たとえば「梓弓(あずさゆみ)春立ちしより年月の射るがごとくも思ほゆるかな」の場合、テーマは年月の経過の早さだが、「春(張る)」という語を導き出すために「梓弓」という枕詞(まくらことば)を用い、「梓弓張る」の関連で「射るがごとくも」という比喩(ひゆ)表現を用いるたぐい。一般に、枕詞、序詞(じょことば)、懸詞(かけことば)、比喩など、他の技法と併用される。よせ、より所、たよりなどともいう。『古今集』以後盛んになった技法だが、複雑で、飾りある表現として、ときに散文の世界でも用いられる。[久保木哲夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android