コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

参謀総長 サンボウソウチョウ

デジタル大辞泉の解説

さんぼう‐そうちょう〔‐ソウチヤウ〕【参謀総長】

陸・空軍の参謀本部の長官。陸・空軍軍人の最上級者。旧日本陸軍では、天皇に直属して軍機に参与し、戦時には海軍軍令部総長とともに大本営幕僚長として作戦に参画した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんぼうそうちょう【参謀総長】

旧陸軍の参謀本部の長。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の参謀総長の言及

【参謀本部】より

…参謀本部長には皇族を任じ,次長に陸海軍将官をおいた。89年には参謀本部条例,海軍参謀部条例によってこれまで一体であった陸海軍軍令機関がそれぞれ独立し,参謀本部長は参謀総長となった。1908年参謀総長は参謀の職にある陸軍将校の統督・教育に任じ,陸軍大学校,陸地測量部をも管轄することになった。…

※「参謀総長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

参謀総長の関連キーワードウィリアム・C. ウェストモーランドアルバート・C. ウェデマイヤーフレデリック・C. ウェイアンドジェラルド・W.R. テンプラーE.フォン ファルケンハインセルゲイ・M. シュテメンコジョージ・C. マーシャルハロルド・K. ジョンソンS.H.F. マネクショークレートン エイブラムズアンドレ・M. ゼレルトマス・D. ホワイトナスティオン・A.H.N.F. トワイニングジョージCマーシャル有栖川宮熾仁親王タン・シュエ議長最高戦争指導会議モシェ ヤアロンミシェル フルケ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

参謀総長の関連情報