コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双務支払協定 そうむしはらいきょうてい

1件 の用語解説(双務支払協定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

双務支払協定
そうむしはらいきょうてい

第2次世界大戦後のドル不足時代に広く行われた国際決済方式で,1930年代における双務的な為替清算方式の欠点を補正しようとするものである。双務支払協定には,(1) 協定国の中央銀行が相互に勘定を開設し,両国間の決済は為替銀行を通じてその都度決済する現金勘定方式,(2) オープン勘定方式とも呼ばれ,その都度外国為替の決済を行うことなく,両国の中央銀行に設けられた勘定を貸借記するものの2方式があった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone