コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双務支払協定 そうむしはらいきょうてい

1件 の用語解説(双務支払協定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

双務支払協定
そうむしはらいきょうてい

第2次世界大戦後のドル不足時代に広く行われた国際決済方式で,1930年代における双務的な為替清算方式の欠点を補正しようとするものである。双務支払協定には,(1) 協定国の中央銀行が相互に勘定を開設し,両国間の決済は為替銀行を通じてその都度決済する現金勘定方式,(2) オープン勘定方式とも呼ばれ,その都度外国為替の決済を行うことなく,両国の中央銀行に設けられた勘定を貸借記するものの2方式があった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

双務支払協定の関連キーワードウィンダムセイム世界大戦福祉社会アドルフに告ぐBIS(Bank for International Settlements)国際決済銀行(BIS:Bank for International Settlements)二俣和紙《第2次世界大戦》ロンドン協定(第2次世界大戦)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone