コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双極子磁場 そうきょくしじばdipole magnetic field

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

双極子磁場
そうきょくしじば
dipole magnetic field

棒磁石のつくる磁場は棒の両端にプラス,マイナスの磁荷をおいたもので表わせる。この棒磁石の磁荷を大きくすると同時に棒の長さを短くして,磁荷 × 棒の長さが一定になるように変えていき,棒の長さが無限小になった場合に生じる磁場を双極子磁場という。有限の長さをもった棒磁石でも,棒の長さよりも十分遠くにへだたった地点における磁場は双極子磁場で表わされる。地球磁場もだいたいは 8×1025CGSemu の磁気モーメントをもつ双極子磁場で近似できる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

双極子磁場の関連キーワードフレデリック・カール・M. シュテルマー地球ダイナモ説ダイナモ理論惑星間磁場古地磁気学地磁気異常地磁気

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android