磁荷(読み)ジカ

デジタル大辞泉「磁荷」の解説

じ‐か【磁荷】

磁石磁性体磁極間に働く力のになるもの。電気する電荷のように、単独では存在しないが、仮想的・形式的にN極の磁荷、S極の磁荷があると考え、磁気量として測られる。実際には、N極とS極が対になった磁気双極子が一定方向に揃って分布することで磁気が発生する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「磁荷」の解説

じ‐か【磁荷】

〘名〙 磁極の強さ。磁極間の距離の二乗に反比例する。磁気量。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の磁荷の言及

【磁気モーメント】より

…磁気量としては電荷に相当する磁荷があり,電荷と同様に正負が存在する。ところが磁荷は電荷と違って単独では存在せず,磁石で見られるようにいつも正負同量の磁荷が対となって現れる。…

※「磁荷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android