コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反メーソン党 はんメーソンとうAnti-Masonic Party

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

反メーソン党
はんメーソンとう
Anti-Masonic Party

アメリカ史上初の第三政党ジャクソン民主主義の時代に,特権階級の人々の属する特権的秘密結社フリーメーソンに反対する反メーソン運動のなかで生れ,反ジャクソン主義と平等主義を旗印とした。 1826年フリーメーソン暴露書をめぐる W.モーガン失踪事件をきっかけに反メーソン運動がニューヨーク西部から広がり,30年代初頭までに各地で政治機関がつくられた。初期には純粋にフリーメーソンの特権的組織に反対するものであったが,30年頃にはメーソン会員であるジャクソン反対を旗印とした政党へと転換した。州内で多数党を形成したのはバーモントのみであったが,ペンシルバニアでは奴隷制反対の強力な推進団体となるなど,31年にはアメリカ史上初めて全国大会を開催し,大統領,副大統領候補を指名するまでに成長した。しかし,36年の大統領選挙以来急速に衰退し,ホイッグ党に吸収されていった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

反メーソン党の関連キーワードホイッグ党(アメリカ)フィルモア

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android