コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取っ付く トッツク

デジタル大辞泉の解説

とっ‐つ・く【取っ付く】

[動カ五(四)]《「とりつく」の音変化》
しっかりとつかまる。とりすがる。「岩場に―・く」
物事を始める。「新しい事業に―・く」
人と接しはじめる。「―・きにくい人」
悪い病気やつきものがつく。「貧乏神に―・かれる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とっつく【取っ付く】

( 動五[四] )
〔「とりつく」の転〕
人や物に取りすがる。 「子供が母のそでに-・いて離れない」
物事に着手する。 「最近-・いたばかりの仕事」
病や霊などがつきまとう。 「怨霊に-・かれる」 「悪い病ひに-・かれた/滑稽本・浮世床
[可能] とっつける

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

取っ付くの関連キーワード滑稽本

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android