コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取(り)付く トリツク

1件 の用語解説(取(り)付くの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とり‐つ・く【取(り)付く】

[動カ五(四)]
しっかりとつかまる。すがりつく。とりすがる。「救命ブイに―・く」
しっかりと組みつく。組みかかる。「岩場に―・く」「一人に五、六人が―・く」
新しく物事を始める。着手する。とりかかる。「家の普請に―・く」
きっかけをつかむ。手がかりを得る。「―・きようのない難問」
(「取り憑く」とも書く)心霊や魔物が乗り移る。つきものがつく。「怨霊が―・く」
(「取り憑く」とも書く)ある感情などが根付いて離れなくなる。「強迫観念に―・かれる」
[動カ下二]とりつける」の文語形。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone