取引態様の明示(読み)とりひきたいようのめいじ

不動産用語辞典の解説

「取引態様の明示」とは、宅建業者が宅地建物の取引に関する広告を行ったり、注文を受けたりする際に、取引態様のを明示しなければならないという宅建業法規定です。取引態様には、売主貸主代理媒介があり、宅建業者はどれに該当するか取引態様を明らかにする必要があります。

出典 不動産売買サイト【住友不動産販売】不動産用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android